no_picture

Hiroshima.rbから見たRubyKaigi 2017という奇跡

こんにちは。 「俺がHiroshima.rbだ」といっても過言ではない@eielhです。 そういえば、@jmettrauxが引き継いでしまったので、「俺が元Hiroshima.rbだ」が正しいかもしれません。 最初に書いておきますが、この記事はただのポエムである。 RubyKaigiが広島で行われたということは、PHPカンファレンス(本体)やPyCon JP(本体)、ScalaMatsuri(本体)などなどその他諸々が広島で行われる可能性だってある。もしかしたら広島以外でも開催されるかもしれない。 そういうことに繋がることを信じて、私の心境とか、心境に至る経緯を書き記しておく。 先日、我が師でもあり、弟子でもあり、ライバルでもある@NeXTSTEP2OSXがRubyKaigi (本体) が広島に来ることがいかに貴重なことかを語った。 それを踏まえて、Hiroshima.rbを始めた私にとってRubyKaigi 2017がどんなものであるのかを書きたいと思う。 私は何者なのか 2009年12月にHiroshima.rbを立ち上げ、2010年より広島でRubyに関するイベントを開催してきた人です。 2017年4月に病気の治療として補助人工心臓というものが植え込まれてしまい、大阪の病院の近くに住まないといけない状態になっています。詳細は最後に記載の別記事を参照ください。 「RubyKaigi 2017の開催を広島で」という話が出てきた頃はまだ広島に住んでいて、広島の最初のオーガナイザーとして参加しています。 しかし、3月より4ヶ月入院していたため、ほとんど名前だけのオーガナイザーです。 参考1 RubyKaigi 2017 Team 参考2 4ヶ月ほど入院してプログラマとして感じたこととか せっかくなので集客につながる活動ができればいいなと思いつつこんな記事をかいています。 Hiroshima.rbのはじまり ところで、さきほどの補助人工心臓を植え込むに至る病気が診断された頃の話をする。 それは2009年の7月でHiroshima.rbが立ち上がる数ヶ月前である。 私は25歳でした。 地方のIT事情に物足りなさを感じており、東京へ行ってみたいと思っていたりした頃です。 東京には技術的に楽しそうな勉強会がたくさん行われており、地方で生活する人間としてはとても羨ましく思うものです。 実際、多くの地方の優秀なエンジニアはどんどん東京へ行ってしまいました。 そんな頃に健康診断で心臓の機能が弱っているということを知ることになりました。 そこまで大げさ状況ではなかったのですが、なんとなくやる気は消失もして、仕事にも行かなくなっていました。 体力的にも独りで東京へ行くのも難しいです。 がんばる意味なんてあるだろうか。 その瞬間にはは特になかったのは間違いないです。 (最終的には一人で東京に遊びにいくぐらいには病気にはなれてしまうのですが) そうは言っても生きていかなければいけない。 どうせ生きていくならもっと楽しく生きていきたいと考えました。 私は少しづつ、少しづつさまざまな活動をはじめていきました。 その活動目的は「自分にとって楽しい場所」を作ることでした。 東京まで行かずとしても、自分にとって楽しい勉強会がもっとあれば良いと思ったわけです。 そこで、自分の興味があることで、最も人が集まりやすいだろうと思う「Ruby」をメインとした勉強会をするためにはじめたのがHiroshima.rbだったのです。 RubyKaigi 2017が広島で開催されるという奇跡 そんなわけでHiroshima.rbはちょっと変わっていて有名なRubyistと繋がりがあるわけでなくスタートしました。 Rubyコミュニティとしては完全に孤立していたのです。 あれから9年。そんなRuby的に孤立した広島で、今回RubyKaigiが行われるわけです。 私からすると奇跡にしか思えない出来事です。 それもそうで、広島開催に至る理由は 広島国際会議場に、たまたま僕らの希望の日程で空きがあったから 日本中探しても、そこ以外に僕らが探している条件にマッチした会場が見つからなかったから と記されています。 Hiroshima.rbの活動による影響は微塵もありません。 しかし、Hiroshima.rbが目的としたことが大きく達成できてしまいます。 オーガナイザー広島チームにすらRubyKaigi体験者はいません。 たくさんのrubyistとオフラインの繋がりもできるでしょう。 会ってみたい人もたくさんいます。 新たな出会いもあるでしょう。 そんな私の中から出てくる言葉は「うん、わけがわからない」でした。 こんな奇跡はなかなかない。 しかし、私は当日参加することはできそうにありません。なんてこった。 この奇跡をもっと活かそうぜ RubyKaigiを広島で成功させることは、今後RubyKaigiのようなテクニカルなイベントが広島で行われる可能性が高くなります。 これは広島がたいへん楽しい場所になります。 私にとってはたいへんお得です。 もし、同じようにたいへんお得だと思うのであれば、さりげなく宣伝してみたり、参加してみて国際会議の空気感を掴んでみたり、運営のノウハウを盗んだりしてみると良いと思います。 東京に行くことに比べるとたいへん低いコストで参加することができます。 素晴らしい経験になると思います。

no_picture

広島人によるRubyKaigi 2017のためのグルメ情報

広島が誇るスーパーエンジニアそーだい(@soudai1025)がRubyKaigiのための昼飯情報を提供している。 Rubyistが今すぐ知るべき大切なこと それに対抗するわけではないが、私が県外のイベントに参加したときに困った経験を参考に記事をかいてみることにする。 中立的に書きつつも、個人の主観を大量にいれているのでご注意ください。 また、個人で出てくるネタにも限界があるので、後に続く人がでてくると嬉しい。 RubyKaigiは1000人規模のイベントであり、1000人が一斉に昼ごはんに向かう事を考えるとおすすめの店を紹介するだけでは、役に立たない。 だから、会場の国際会議場周辺の事情中心に最初は書いていく。 どの方向にいけばどんなものがあり、キャパがどのくらいあると想像できるかも記していく。 つまり、近辺は広島グルメかどうか問わずかいていく。 また、遠くになるとさまざまな飲食店があるのでおすすめのみに留める。 広島グルメの復習 お好み焼き - 定番。派生もので府中地方の府中焼きもちらほら。地元の人は肉玉そば・肉玉うどんをたべるが観光客向けに牡蠣をトッピングしたものなどがある。量を食べたい場合は、麺ダブルというトッピングが定番。麺が増加すると焼き加減がいまいちな店がまれにあるので注意。 広島つけ麺 - 唐辛子のたくさんのったつけ汁でいただくつけ麺。野菜がたくさんのってることがおおい。お店にもよるが辛めを挑戦することをおすすめします。 広島ラーメン - 豚骨醤油の中華そば。 汁なし担々麺 - 現在広島B級グルメの王者。辛いものが苦手ならやめておくほうが良い。つけ麺よりリーズナブルですが、野菜などはあまりついていません。 あなごめし - A級グルメになってしまうのでお高い。広島市内ではそんなにお店はない。宮島口のうえのが有名。市内では弁当が購入できる。弁当もとてもおいしい。 牡蠣 - 定番。当たっても自己責任の世界。生ガキを食べたいなら、最終日や帰る前にどうぞ。 タコ - 居酒屋にいくと三原のタコがおいてあることがある。 ウニホーレン - 居酒屋にいくとあるけど、グルメとして名物なだけでウニがとれるわけではない。 小イワシ - 居酒屋で食せることがおおい。 ホルモン天ぷら - あまり知らない。誰かフォローたのむ。 番外 呉冷麺 - 食べれるところは少ないが広島市でもたべれる。ゴマダレの冷やし中華に近い。(あんまり詳しくない) 尾道ラーメン - 食べれるところはあるが、とりたてておすすめを知らない。 周辺状況 RubyKaigiは広島国際会議場で行われる。国際会議場は平和公園の南側に位置する。 周辺は公園なので、そこそこ移動しなければ、飲食店はない。 適当にぶらつきたいなら、大手町(南側)や紙屋町がおすすめ。 北方面はしばらく平和公園でやがて川にぶつかってしまうので、平和公園を散策したい、原爆ドームが見たい場合はかまわない。その場合、結局紙屋町方面にすすむのと同じになる。広島市民球場跡地でイベントをやってることがある。今回にかぎるとオクトーバフェストをやってる。 西方面は僕はあまり詳しくないが、いくつか飲食店がある。なんとなくいってみるのは有りです。 国際会議場は西方面が近いので、試しにいってみるのもよいでしょう。 南方面はお好み焼き屋、つけ麺屋、セブンイレブン、寿司屋などがあるがほとんど店舗はない。目的がない限りはおすすめしません。 間違いなく100席分も飲食店はありません。 (グーグルマップから引用したが、コピーライトがきれてしまっています) 東方向の南側 大手町(南) 東方向にすすんで、橋をわたって右手に位置する。 汁なし担々麺のお店が多く存在するので、辛いものが苦手なければ、第1候補となる区域。 更に東にすすむと小町区域。南に進むと鷹野橋というところへ行ける。 汁なし担々麺のお店が本当に多く、はずれはない。 キング軒 マップ 万人におすすめ。 花山椒 マップ 本物を追求したい人へ。

no_picture

4ヶ月ほど入院してプログラマとして感じたこととか

毎月スライドが公開されてたブログが突然と更新されなくなって驚かれたかもしれませんが、3月20日から4ヶ月ほど病院に入院していました。 せっかくなので、入院している中で感じたことを書き下しておきたいと思います。 (しかし、この記事は書き始めて1ヶ月後に公開されたため、ある程度日常生活をした上で書かれている) 本記事を結論を述べておくと「プログラマはこんな体でも世の中に貢献できる可能性がある」と感じた。 座っていて作業できて、リモートワークできる。努力しだいでは、世界で活躍するのも可能だ。 (世界で活躍はできていないけど) ざっくり目次 一体なにがあったのか 入院中に感じたこと 入院生活で改善したいこと 今後のこと まとめ 一体何があったか 心臓の血液を全身に流すチカラが弱くなってしまった。 もともと弱くなっていることはわかっていたが、これが悪化してしまい日常生活ができなくなりました。 そこで、補助人工心臓装置を体に植え込み、装置とうまく付き合うことで日常生活が送れるようになりました。 「安静にしとけ」って言われた同じような病気がある人は本当に無理をしないことをおすすめしたい。 無理をすることは自らに大きな制約を課すのと同等だ。 (そうは言われてもどこからが無理のある範囲なのかわからへんのや) より詳しいこと 広島の病院に入院していましたが、状況が改善しないため、より高度な治療が可能な大阪の病院に転院した。 治療法としては心臓移植をしかないが、現在の移植待機中の人達が大勢いるため、移植ができるのは3年以上先の見込みである。 移植する心臓は全く足りていないようだ。 代わりに、植え込み式の補助人工心臓装置を装着することで、退院可能な状態になる。 私は4月末に人工心臓装着し、7月末にさまざまな訓練を終えて退院した。 補助人工心臓を扱える病院は広島にはないため、現在は大阪の病院の近くに住んでいます。 大阪に移動するときヘリだったんだけど、ずっと寝たままで怖かった。 ヘリで移動後は、3週間ぐらい電波禁止の病室にいて、インターネットがつかえなくてさまざまな人と連絡とれなくてつらかった。 そういえば、脳梗塞とかもおきて、片目が動かなくなった。 さすがに仕事ができなるかとおもったけど、なおった。よかった。 人工心臓装置装着後のリハビリはたいへんって脅されたけど、中学生がやっているような炎天下の部活に比べたら大したことはなかった。パソコンが使えないため、退院するためにも、リハビリに対するモチベーションはかなり高かった。 結果、リハビリでは、補助人工心臓装置装着者の中では、最速の歩行速度という称号を得ることができた。 現在の状況 いくつか制限があったり、面倒なこともありますが、ほぼ普通に生活しています。 プログラミングもしたり、でかけることもできます。 最近は4時間ぐらい継続して作業することもできるようになってきました。 より詳しいこと イベントの準備を手伝ったり、Flowで遊んだり、Rustで遊んだり、Swiftで遊んだり、Scalaで遊んだりしています。 ETAとElixir、Kotlinあたりも遊びたいですが、作るものが浮かびません。 話がそれましたが、二人暮らしで妻が妊婦なため、買い物は重いものを持つ必要があったりするのが、他の装着者には無さそうな苦労です。(車ももってないし、この辺は坂が多い) 補助人工心臓は胃の上あたりに植え込まれていて、電力供給するためのケーブルがお腹から出ています。 また、お腹から出ているケーブルには、コントローラとバッテリーが接続されていて、このコントローラとバッテリーを入れた2.5kgの鞄を常に持ち歩いています。 コントローラとバッテリーの予備も常に持つ必要があり、出かける場合は5kgほど追加で持つ必要があります。 他の装着者は介護者が持つと思いますが、なるべく自分で持つようにしたいと思っていますし、そこそこ持っています。 ケーブルが出ている部分にチカラがかからないように活動する必要があるため、しゃがんだりすることが禁止されていたり、行動が制限されています。 また、週2回ほど消毒作業をしていて1時間弱かかっています。 お風呂は入ることができず、シャワーになります。 お腹まわりをラップのようなもので保護をして、コントローラとバッテリーは保護用のカバンに入れ替えて、カバンを持ち込んでシャワーを浴びることになります。 あとは補助人工装置を扱える介護者がアラームの聞こえる範囲に必要があります。 どちらかが外に用事がある場合は、二人で必ず出かける必要があります。 お腹から鞄までのケーブルがむき出しなので、出かける際は引っ掛けないように気を付けないといけません。 人の多い場所はたいへん危険です。 残りはほとんど普通の日常かと思います。 入院中に感じたこと 看護師プロ意識 患者の命を預かってるという意識をもって仕事しているのを日々感じた。 僕らはシステム利用者のビジネスを背負って仕事できていただろうか。 気がつくと目の前のものを完成させるのに精一杯になってしまってないだろうか。 その前に大半の人が補修が少なすぎるという話はあるかもしれないけれども、そもそも独学で始めたような人達も多いし、作ることしか考えれていない場面はよくみかける。 プロ意識みたいなのは欠けていないかときどき自問自答したい。 医学すごい 医者は数値としては曖昧な反応をみて対処をしていく。 プログラムは書いたとおりにうごくので、ずっと扱いやすく発展しやすいけど、こんな曖昧な数値しかとれないものが発展しているのは本当にすごい。 曖昧ではなく、成否のはっきりするコンピュータを扱っているので、もっとうまく扱っていきたいと感じました。 入院生活で改善したいこと、改善して欲しいこと テレビカードいらないからインターネットカードが欲しい テレビとかいらないんで、インターネットさせてください。 暇なのでセミナーの動画とか見たかったです。 パソコン使わせてください パソコン使えれば、開発できるのに。

no_picture

広島フロントエンド勉強会で、カスタムエレメントの話をして、divタグの代わりにはつかえるんじゃないか?というLTをした

広島フロントエンド勉強会 Vol.7でライトニングトークをした。案の定早すぎると言われた。いつものことである。(結構削ったんだけどな) 「すごい広島」でA-FRAME触ってる人がいて、A-FRAMEをみていたらカスタムエレメントをつかってるみたいだったので、調べたついでに思ったことを述べた。 「カスタムエレメントは独自のタグが使える」ぐらいの理解で充分かなっとおもってます。 Angular2にしても、Reactにしても、Riotにしても、Vueにしても独自タグのようなものがでてくるので、独自タグを定義できるという感覚は慣れておいて損はないと思い話を考えました。 本題ですが、カスタムエレメントは要素が定義するまでは未解決の要素となり、正当なエレメントになるらしい。 要素は定義の通りにアップグレードされるまでの間、 未解決の要素 と呼ばれます。これらの HTML 要素は正当な Custom Element 名を持ちますが、まだ登録されていないものです。 https://www.html5rocks.com/ja/tutorials/webcomponents/customelements/ ということは、エレメントを登録しなくてもつかえそうだし、特に中身を実装しなくても、使うことで可読性の高いマークアップができるような気がしました。 というわけで、特に何も実装してないカスタムエレメントでマークアップをすることは、カスタムエレメントの入門としてありなのではないかと思ったわけです。 div だらけでモダンと言えるでしょうか?そして現状では、これが我々のウェブアプリの作り方なのです。悲しいですね。 我々はウェブプラットフォームからの恩恵をもっと受けるべきだとは思いませんか? https://www.html5rocks.com/ja/tutorials/webcomponents/customelements/ カスタムエレメントの誕生の意義からも全く外れていません。 独自タグの要素にCSSも問題なく使えます。定義しておかなくてもバッチリスタイルもあたります。 カスタムエレメントのAPIはv0とv1があるようです。 v1のほうが対応ブラウザが多いですが、v0はPolyFillもありますし、class構文が必要ないので、v0 APIのほうが実質対応ブラウザが多い気がします。class構文無しでもv1 APIは使えるみたいですが、結局未対応ブラウザはAPIが足りなくてつかえなさそうでした。(調べたメモがどっかいったのでソースは省略) あとカスタムエレメントに対して知っておきたいことは、 独自タグの名前にはハイフンを含む必要がある カスタムエレメントを定義する前に利用しても良い まだAPIが変わる可能性がある かなとおもいました。 「独自タグの名前にはハイフンを含む必要がある」というルールをみてA-FRAMEはいい名前をとってるなと感じました。a-で始まるタグはA-FRAMEのタグになるので、完全に一等地ですね。 Z-FRAMEはどんなライブラリがとるのかとても見ものです。 カスタムエレメントをマスターしたら次のステップはShadow DOMなんですかなー。 ためしにかいたコード <my-app> <my-contact> <my-header>連絡帳</my-header> <my-user>hoge@example.com</my-user> </my-contact> <my-inbox> <my-header>受信箱</my-header> <my-mail>2016-01-02 hogehoge</my-mail> <my-mail>2016-01-03 hogehoge</my-mail> </my-inbox> </my-app> body { display: flex; justify-content: center; align-items: center; } my-app { display: block; background-color: #eee; width: 300px; } my-contact {

no_picture

オープンセミナー2017@広島の申し込みが少ないので、興味を持つ人が増えるように内容について個人の見解を述べる

2017年2月25日(土)にオープンセミナー2017@広島があります。 いまいち申し込みが少ないので、テコ入れにすらなるかどうかわからないですが、スタッフの個人の意見を述べることで、オープンセミナー2017@広島がどんなイベントが理解してもらい、参加者を増やすのが目的です。 この記事にかいてあること 広島のITエンジニアが集まって交流するイベントが一つはほしい 今回のオープンセミナー広島の内容の個人的な推測 テーマはいままで参加してくれていない人たちへのアプローチするのが主な目的 懇親会の申込みは20日(月)まで 懇親会LTはありません 広島のITエンジニアが集まって交流するイベントが一つは欲しい 私は、地域ごとに毎年ジャンル問わない大きなITエンジニア向けのイベントがあると良いと思ってます。 その地域にいく機会が欲しいからです。 自分が追っている特定の技術を扱うイベントは県外でもいくことはありますが、地方ではなかなか難しいです。 自分の住む地域より人の少ないところへ行くことは少なく、より人の多い 都会へ出かけていく事が多いと思います。(例外はある) そんな、県外に住むエンジニアが「広島に行ってみよう」と考えたときにちょうどいいイベントがあると嬉しいかなと思うわけです。 こちらも誘いやすいです。 私も山陰や四国に行く機会があれば行きたいとおもいますが、どうせ行くならその地方にいる優秀なエンジニアが集まっているイベントが良いかなっておもいます。 個人的にも、お誘いはそこそこお待ちしています。 正直な話、広島に行くのにちょうどいいイベントがオープンセミナー広島である必要もないわけです。 比較的そういう位置に育てやすいのがオープンセミナー広島という感じです。 ぶっちゃけ、OSC広島は昨年は学生もたくさんいて、むしろOSCのほうがいい線をいってるかもしれません。 私はオープンセミナーのお手伝いを2013年ぐらいからしています。 特定の企業が運営しておらず現場で働くITエンジニアがボランティアで運営するイベントの中では広島で一番大きいと思います。 しかも、突然運営に参加した人がこれまで培ってきた下地を掌握しやすいです。 特に、広島で起業するエンジニアがうまく活用して欲しいと思っています。 今回のテーマについて テーマは「エンジニアがより良い社会を作れる!!」です。 テーマはキャッチーですが、個人的にはセッション内容がピンとこない印象です。 エンジニアが参加して何が得られるのでしょうか? 背景としては、今回の実行委員長である石崎さんがCode for Japanが行っている鯖江市でのコーポレートフェローシップの経験を活かした構成になっています。 「SIとして働いてきたエンジニアがすこし違う世界にいってみたら、目の前に困っている人を助けられる経験ができて日々が楽しく変化したいから共有したい」と、推測しています。(推測です) 参考 鯖江市でのコーポレートフェローシップが始まりました #codeforjapan そこで、実行委員長の石崎さんが鯖江で出会った「利用者に最も近いソフトウェアを提供し、より豊かな社会を実現する」ために活動する福野さんが講師として登場することになったわけです。 福野さんの最近の活躍で私が知ってるものは3月に結果が発表されるRESASのプログラミングコンテストの審査員を務められていますね。(応募締め切りは今週末2月19日なのでまだ間に合いますね) まとめると、石崎さんが出会った、外の世界、身近な世界にあった驚きや、発見を得られるのではないかと思います。(推測です) その他の講師について myThings使ったIoTによる地域課題解決 山本 学 今回どんな話をしてくれるのか僕もよくしりません。 昨年も広島にこられていて、myThings X HMCN#3で講師を務められています。 蛇足ですが、HMCNとうまく連携しようという私の目論見もありましたが、まったく交渉していません。 SIerは企業のシステムを構築することで社会に貢献してきたとおもいます。 近年登場してきた IoTというキーワードは、企業をアシストするのではなくて、エンジニアが直接社会に貢献できるチカラともいえると思っています。 そんなIoTをどのように活用しているのかを聞けるのではないかと思います。 Engineer is Hero !! マイクロサービスの開発手法や IoT を採用し感情や表情を解析しより良い社会を作ろう 寺田 佳央 もはや語るまでもない #てらだよしおがんばれ の寺田さんです。 福山市出身らしいです。蛇足ですが、福山市出身のそーだいさんはエンジニア界でもホットですね。ちなみに、そーだいさんは先週末中国地方を旅されてたので、今回は来られないのではないかと思います。(ってかいておいたら来てくれるかもしれない) 昨年末開催された広島Javaユーザグループのイベントで寺田さんが登壇されましたが、参加者が少なかったので、もっとたくさんの人に効いてもらいたいのと今回のテーマと相性がよさそうということでお招きすることになりました。 技術的な話もしっかり聞けると思います。 子どもプログラミングとドリームマップ 花谷 美香 身近な社会を変化させるという点においては教育はとても重要です。 未来の社会を担うのは子どもたちです。 子どもたちが、プログラミングの価値を理解する機会が増えています。 プログラミングが得意な人たちは、プログラミングに無限の可能性を感じるはどんな人たちに映るでしょうか?